スーパーの仕事中サボって楽できる時はある?所属部門による

スーパー パート バイト サボる 楽 部門

スーパーのパートやアルバイトの勤務中、サボれる時間があるのか、楽をできる時があるのかと言えば、それは所属する部門によってだいぶ違います。これは確実ですね。

パートの仕事やアルバイトをお探しの方であれば、同じ賃金なら少しでも楽な仕事を希望されるのが本音なはずです。今回は、昼休みや所定の休憩時間以外に軽く一息つける時間をとりやすいかどうかという観点から「サボりにくい」、「サボりやすい」を紹介していきます。

 

バックヤード内の作業場で仕事をする部門はサボりにくい

サボりにくり部門は、青果部門や畜産部門、鮮魚部門、総菜部門といったバックヤード内の作業場で仕事をする部門です。これらの部門は、バックヤード内の作業場と各部門の担当する売り場が主な仕事場となります。

バックヤードでは、作業場という1つの区切られたスペースで仕事を行うことになります。そのスペースの中でチーフをはじめ、先輩や同僚と一緒に仕事をします。当然のチーフや先輩の目もありますよね。そのため作業場内の自分の持ち場から離れにくい状況となるので、サボろうと思ってもなかなかサボれない状況となります。

仮に持ち場を離れたとしても、ある程度の時間で戻ってこなければ、区切られたスペースの中で仕事をしているため、作業場にいないことがすぐ分かってしまうのです。

青果部門や畜産部門、鮮魚部門、総菜部門の担当の方は、衛生帽子やエプロン、前掛け、マスクを着用して仕事をすることになります。レジチェッカーやグロサリー部門、日配部門の担当の方とは勤務時の服装が異なります。サボる手段として御手洗いに行くという方法も考えられるのですが、衛生面に配慮してエプロンや前掛け、衛生帽子を一旦はずす必要があります。サボるため御手洗いに何度も向かうのもなかなか面倒なのです。

 

グロサリー部門や日配部門の担当の方は、サボって楽できる時が少しある

グロサリー部門や日配部門の担当者は、自分の担当する売り場を持ち、担当者一人一人がそれぞれ与えられた仕事やスケジュールをこなしていくというスタイルとなります。担当者数人でバックヤードで共同で作業をすることもあるものの、一人で作業をする時間がかなり多いです。

そのため仕事をしているフリをすることも十分可能ですが、ほどほどにしておく必要があります

この一人で作業をする時間が多くあるというのは、心理的な楽な面もありますね。

その他、移動も比較的自由にできますので、勤務中にちょっと休憩室で1杯水を飲んだり、休憩室内の冷蔵庫に入れたおいた自分の飲料を1口飲んだり、休憩室で2~3分、ぼーっとしていることも可能ですし、正直なところかなりやりやすいです。これはグロサリーや日配の担当者は品出し等で売り場とバックヤード内を頻繁に行き来することが多いためです。

ただしサボる時間が増えると自分の1日のスケジュールを終えることができませんので注意が必要ですね。また店内やバックヤード内には防犯の観点から防犯カメラも設置されています。防犯カメラには従業員の勤務する様子も記録されていますのでサボるのはほどほどにしなければいけません。

参考記事:スーパーのグロサリー部門の仕事内容

 

最後に

スーパーマーケットの仕事は、どの部門も勤務中は基本的に立ちっぱなしで体力を使います。足腰に負担がくるのも事実です。そのためタイミングを見計らって、勤務中でもしれっと軽く一息休むのがおすすめです。スーパーのパートやアルバイトをお探しの方は、どの部門で働くのかも十分検討しましょう。

参考記事:スーパーの品出し|力仕事・重労働となる場面もある

規律が少し緩い職場ですと、少しサボっているのを上司や先輩も見て見ぬフリをしていることが多いです。(私の職場も若干規律が緩めと言えますね。)これはいい意味で適当で緩いということですね。規律の緩い職場ですと、勤務年数の長いベテランの方も上手く隙間時間を作ってしれっとサボっていることが多いですので、お互い様と言えますね。

 

 

スポンサーリンク
スーパー品出しの仕事
スポンサーリンク

短期アルバイトをお探しなら専門サイト「ショットワークス」

1日から働ける激短バイト!ショットワークス1日だけの単発バイト、面接なしで働けるバイト、明日1日だけの短期バイト、学生向けの短期バイトなど様々なニーズにお応えしたアルバイト求人情報を掲載している短期・単発アルバイト情報の専門サイトです。 短期アルバイト情報をお探しの方は一度参考になさってください。 会員登録をすると短期アルバイト求人への応募が可能となります。 まずは無料会員登録!1日から働ける激短バイト!ショットワークス
 
スーパーで初めて品出しの仕事をする方向けにお役立ち情報を発信するブログ