スーパーのパートの部門異動・変更|十分起こり得る

このページを訪れた方は、現在スーパーマーケットのパートの求人応募を検討しており、仮に採用となってしばらく勤務をした後、例えば「レジ部門から青果部門」、「グロサリー部門からレジ部門」など部門間の異動(部門の変更)があるのかどうか気になっていらっしゃるのではないでしょうか。

結論としては担当する部門の異動は十分起こり得ます。私自身も経験があります。今回はその辺のことを触れていきます。

 

スポンサーリンク

異動が発生する理由 多くは人手不足によるもの

どの業界でも問題となっていますが、スーパーマーケットでも働く方の慢性的な人手不足が問題となっています。

ある部門でこれから近いうちに欠員が出ることになり、前もって求人募集の張り紙を店内掲示板や店内の通路に掲載したり、特売チラシの一部分への掲載、ハローワークで募集をしているもののなかなか応募がない。そして実際に退職となり欠員が出ている状況となっても未だに応募がないということが実際にあります。

参考記事:スーパーの人手不足の原因理由|なぜ起こる?辞める人が多い

欠員が出ている状態でも少しの間はそのまま様子を見ることもあります。しかしこの人数でなんとか現在持ちこたえている状況。これから訪れる繁忙期や年末、お盆を考えた時に人数が足りない状況だと不安があります。そのため人員について若干余裕のある部門の中から誰かを人手が不足してる部門へ異動してもらうというケースが起こります。

 

契約更新に伴っての異動

パートの場合、企業によっては契約期間が設けられている場合もあります。契約期間が終了し、引き続き勤務を希望する場合は、契約更新をすることになります。この契約更新の際に部門異動が発生することがあります。

契約更新の際の部門異動でも人手が不足している部門への異動が多いです。その他契約更新に伴い、自ら希望して他の部門へ移りたいと申し出る方もいらっしゃいます。

 

 



 

 

所属した部門での仕事内容が合わなかった・その他人間関係の問題による異動

これまでご紹介してきたケースは人手不足によりやむを得ず部門を異動してもらうというものでした。こちらは事情により働く方自身が希望して部門を異動することも多くあります。

代表的なものとして挙げられるのは、面接や筆記試験を行って採用となり、所属した部門でしばらく仕事をしたものの仕事内容が自分に合わなかったというものです。例えばレジの仕事を希望して採用となり勤務を始めたものの、来店したお客さんとの対応ややり取りが自分が思っていた以上に大変でストレスとなり、お客さんとのやり取りや対応が少ない総菜部門や青果部門、畜産部門などバックヤードで行う仕事がメインとなる部門へ異動をするというケースです。

また部門内の人間関係悪化が原因となり部門の異動を希望される方もいらっしゃいます。所属している部門の中で勤務年数の長いベテランの方が幅を利かせている、グループを形成しているといった女性の方が比較的多い職場ということもあって、違う部門への異動を希望される方もいるのです。

また、どうしても気の強い方が多い職場という印象を個人的に感じています。ちなみに私の職場では、惣菜部門で業務中に仕事のやり方に関する考え方の違いから口論となり激高した結果、退職を申し出る方がいらっしゃいました。その後店長からの説得・引き止めもあって違う部門へ異動された方もいらっしゃいます。従業員全ての方が円満であればいいのですが、なかなかそうはいかないのが現実です。

参考記事:スーパーとコンビニの初バイト比較|どちらも良し悪しがある

 

私も部門の変更を経験した

私自身も部門が変わった経験が何回かあります。グロサリー担当を希望して面接と筆記テストを受け採用となりました。

参考記事:スーパーのパートバイトの面接や筆記試験|採用体験談を紹介

しかしその半年後にレジ部門の人員が足りないということでまさかのレジ部門へ異動。理由はまだ若いから他の部門に行っても柔軟に対応できるだろうと店長が判断した模様。ある日勤務を開始してすぐに事務所に呼ばれ店長から「◯◯さん、来週からレジに回ってもらえないかなぁ?◯◯さんも分かってはいると思うんだけど、レジの人が足りなくてねぇ・・・」、「1度やってみてどうしても無理ならまた元の配置に戻すからさぁ」と言われ、嫌々ながらも渋々引き受けることにしたのです。

その4ヶ月後に私自身が希望して再度グロサリー部門へ異動。レジの仕事がどうしても自分に合わなかったため相談して部門を変えてもらいました。その1年半後に夜間担当者の方が辞めて欠員状態がしばらく続いたため、夜間部門への異動となりました。

参考記事:スーパーのグロサリー部門の仕事内容

 

分かってはいたが、部門が変更になると急にレベル1になった感がすごかった

部門が変更となると同じ店舗にいるものの仕事内容ががらりと変わります。そのため1からメモ帳にメモをとったりしながら仕事を覚えていく必要も出てきます。これまでいた部門ではスムーズに仕事をしていたことあってか、違う部門へ行くと急にロールプレイングゲームでいうレベル1になった感がもの凄くあります。

それに加え人間関係も若干変わりますし、直属の上司も変わることになります。これはほぼ転勤と同じような状況じゃないかと感じることが多いのです。

 

最後に

パートとしてスーパーマーケットで働く際は、採用となり最初に所属した部門から異動となる場合もあることも想定しておきましょう。

 

 

スポンサーリンク
スーパー品出しの仕事
スポンサーリンク

短期アルバイトや在宅ワークに関する求人情報サイトのご案内

1日だけの単発アルバイトや短時間アルバイト、在宅ワークに関する求人情報を主に掲載している求人情報サイトのご案内です。無料会員登録をすることで求人への応募が可能となります。  
単発バイトアプリ「シェアフル」1日単位の単発・スポットの仕事が見つかるアルバイト探しアプリです。 空いている日付を登録すると、その日にあったアルバイトを見つけることができます。 履歴書不要・面接なしでアプリで応募が可能です。
マッハバイトマッハバイトからアルバイト求人に応募し、採用が決まり初めて勤務をする日が決まった方に、マッハボーナス(お祝い金)がもらえるマッハバイト独自のサービスを行っています。 条件を満たしたうえで申請をすると、最低5千円、最高1万円のお祝い金をもらうことができます。
プチジョブこれから数時間後に働けるアルバイト情報が掲載されているバイトマッチングサービスです。 空いている時間を有効利用して少しでも働きたい、今日これから働きたい方向けのサービスです。
【ママワークス】在宅で働ける求人情報が多数掲載。 在宅ワーク・在宅勤務・内職に関する求人・アルバイト情報サイトです。 空いた時間に効率よく働きたい、スキルはあるが家庭の事情で働く時間や働く場所に制限がある主婦の方向けの求人サイトです。
ギガバイト大手求人サイトと連携しているため、求人情報数が多く全国のアルバイト求人情報を見ることができます。 単発アルバイトや短時間アルバイトの他に採用お祝い金が支給されるアルバイト情報の掲載もあります。

自分の市場価値を診断してもらえる転職アプリ「ミイダス」の紹介

転職アプリミイダスは、自分のプロフィールや職務経歴、実務経験、語学力、保有資格に関する質問に回答をすることで、「自分の現在の市場価値」を診断してもらうことができます。

無料会員登録をすると上記のデータに基づいて、自分を必要としている企業から求人オファーが届くサービスです。会員登録にあたり氏名・住所の入力は不要です。

公式サイト:ミイダス

また無料会員登録をすることで、自己理解を深めることができる2つの適性検査「パーソナリティ診断」と「コンピテンシー診断」を無料で受けることができます。

以下の記事は、私が実際に無料会員登録を行い2つの適性検査を受けた体験に関するものです。

参考記事 ミイダス|無料のパーソナリティ診断とコンピテンシー診断を体験

参考記事 ミイダスの現在の市場価値診断の流れを体験に基づいて紹介

実際に会員登録をして2つの適性検査を受けてみましたが、仕事探しを考えていて仕事の場面における自分の特性や仕事に関する自分の適性を知っておきたいといった情報収集段階の方に非常に役に立つツールだと感じました。ご興味にある方は一度参考にしてみてください。

公式サイト:ミイダス

 

スーパーで初めて品出しの仕事をする方向けにお役立ち情報を発信するブログ