スーパーのバイト|ユニホームへの着替えはロッカーや更衣室で行う

スーパーマーケット アルバイト ロッカー使用

スーパーマーケットでのアルバイトの際は、就業規則で定めらた企業のユニホームに着替えて勤務をすることになります。出勤をしロッカーの前や更衣室でユニホームに着替えをして、身なりを整えてから勤務をすることになります。

今回はスーパーでのアルバイトの際のロッカー使用に関する記事です。

 

ロッカーや更衣室の設備状況が店舗により異なる

私の勤務する店舗では、バックヤード奥の通路沿いにロッカーが設置されていて、ロッカーの前でユニホームに着替えをする。また業務上の所用で他の複数店舗に行ったことがあるのだが、更衣室がしっかり備わっていて、更衣室の中にロッカーが設置されている店舗もある。

設備状況が同じ企業とはいえ店舗によって異なっているのだ。

着替えを素早く終えたいのであれば、あとはユニホームのジャンバーを着るだけやエプロンを付ければよいだけの服装で通勤すればよい。要は就業規則で決まっているシャツとズボンを着用して自宅から出勤してくるということだ。

あとはジャンバーを着たりエプロンを付け、軽く身なりを整えるだけでよい状態で出勤してくれば、自宅から出る時間は少し遅くてもよくなるだろう。実際の出勤時も慌てることなく時間に余裕を持って行動することができる。

グロサリー部門日配部門の担当でユニホームがジャンバーやエプロンの場合、着替えはしやすいはずだ。しかしレジ部門だけジャンバーやエプロンを着用せず、異なるユニホームを採用している企業も存在する。どうしてもユニホームの着用に多少時間がかかるケースもある。

参考記事:スーパーのバイト|勤務時の身だしなみは清潔感が重要

アルバイト面接の合格後、店舗従業員の方からロッカーや更衣室の使い方について説明を受けるはずだ。その際にどんなロッカーなのか、更衣室があってその中にロッカーが備わっているのかといった点も分かるはずだ。

おそらくないだろうが万が一鍵のないロッカーの場合、当たり前のことだが貴重品はロッカーに置くべきではない。その場合、必要最低限のものだけバイト先に持って行くのがよい。

 

どんなロッカーを使用しているか

私が現在勤務する店舗の場合、あらかじめ自分に割り当てられたロッカーはなく、たくさんあるロッカーの中から出勤時に空いているロッカーを使用するということになっている。当然鍵もかかる。使用時は自分の氏名が入ったカードをロッカーに掲示することになっている。誰がこのロッカーを現在使用しているのか分かるようになっているのだ。

退勤時は掲示しているカードを取り出し、ロッカーを空にして帰らなければならない。要は勤務日毎に使用するロッカーが違うということだ。しかしロッカーがたくさんあるため、ある程度時間が経ってくると各々使用する場所がだいたい決まってくる。

アルバイトの面接合格後、店舗の従業員からロッカーや更衣室の使用に関する説明をよく聞いておくことが重要だ。

 

 

スーパー品出しの仕事

自分の市場価値を診断してもらえる転職アプリ「ミイダス」の紹介

転職アプリミイダスは、自分のプロフィールや職務経歴、実務経験、語学力、保有資格に関する質問に回答をすることで、「自分の現在の市場価値」を診断してもらうことができます。

無料会員登録をすると上記のデータに基づいて、自分を必要としている企業から求人オファーが届くサービスです。会員登録にあたり氏名・住所の入力は不要です。

公式サイト:ミイダス

また無料会員登録をすることで、自己理解を深めることができる2つの適性検査「パーソナリティ診断」と「コンピテンシー診断」を無料で受けることができます。

以下の記事は、私が実際に無料会員登録を行い2つの適性検査を受けた体験に関するものです。

参考記事 ミイダス|無料のパーソナリティ診断とコンピテンシー診断を体験

参考記事 ミイダスの現在の市場価値診断の流れを体験に基づいて紹介

実際に会員登録をして2つの適性検査を受けてみましたが、仕事探しを考えていて仕事の場面における自分の特性や仕事に関する自分の適性を知っておきたいといった情報収集段階の方に非常に役に立つツールだと感じました。ご興味にある方は一度参考にしてみてください。

公式サイト:ミイダス

 

スーパーで初めて品出しの仕事をする方向けにお役立ち情報を発信するブログ