近所・地元スーパーでのパート・バイト|デメリットもある

この記事では、近所にある地元のスーパーマーケットでパートやアルバイトとして働くことのデメリットをご紹介しております。近所で働くことはメリットもありますが、デメリットも当然存在します。

自宅の近くにあるスーパーでパートやアルバイトとして働きたいとお考えの方は、メリットのみならずデメリットも押さえた上で求人への応募を検討しましょう。私が考え得るデメリットを紹介しますので是非参考にしてください。

 

スポンサーリンク

近所のスーパーだと職場の同僚も地元の人が多く面倒なことも

スーパーで働くパートやアルバイトの従業員の方も、自転車や徒歩、車で通勤がしやすいエリアにお住いの地元の方が多いです。そのためこれまで何らかの面識のある方が職場の同僚となる可能性があります。すると仕事そのものとは関係のないところで煩わしさを感じてしまうことがあります。

面識のある人が職場の先輩や同僚となると、例えば「あの人はどうでこうで・・ああでこうで・・・」とか「あの人の旦那さんはどこに勤めていてどうでこうで・・ああでこうで・・」など同僚が自分のことやプライベートなことを他の同僚に話してしまうことも起こります。

そんなこともあるため「本当は近くのスーパーで働きたいけど、あのスーパーにはあの人が勤めているから求人の募集をしていても応募しない」と考える人も中にはいらっしゃるはずです。

私の場合、職場の健康診断や慰労会などで隣町にある店舗に勤務している方と話をしたことがあるのですが、地元の店舗だと知っている人がたくさん働いているから煩わしさがあって隣町まで車で通勤しているとのことなのです。

職場の同僚は面識のない方のほうが仕事がやりすいと個人的に感じています。

 

 



 

 

知り合いに会うことも

中にはスーパーで働いているのをあまり知られたくないという方もいるはずです。

近所の地元にあるスーパーで働くということは、自分のことを知っている人がたくさん来店する可能性があるということになります。自分があまり会いたくない方がスーパーに買い物にくることも起こり得るでしょうね。

近所 スーパー 働く

また自分の知らないところで、「○○(名前)が近所のスーパーで働いているようだ」という話が広まっていることもあります。(※これは実際に私が経験しています。地元のネットワークはすごいですね・・・)さらにその話を聞きつけた人が様子を見るため買い物についでに来店することも考えられます。私の場合、中学時代の知り合いから「ここで働いているって聞いたから来てみた」と店内で品出し作業中に言われたことがあります。

また私の場合レジにて、購入する商品をレジに通すスキャンと呼ばれる作業を時折行います。レジに面識のある方が来た際、商品をレジに通す時はいつもより気を使いますし気まずい感じが残ります。

参考記事:スーパーのパートバイトの面接や筆記試験|採用体験談を紹介

 

家族に仕事をしている様子を見られる

家族と同居していたり近所に親戚が住んでいる場合、勤務しているスーパーに家族や親戚が買い物に来ることも考えられます。

家族と同居している場合、スーパーでのパートやアルバイトから帰ってきた後に自分の仕事をしている様子について「もっとああしたほうがいい、こうしたほうがいい」、「他のスタッフはこんな感じで作業している」など注文や小言を言われるなんてこともあるかもしれません。自分の仕事をしている様子を家族に見られたくない場合は、家族が来店する近所にある地元のスーパーへの求人応募は控えたほうがよいかもしれません。

参考記事:スーパーのバイト・パートの志望動機|例文を紹介

 

店舗の外での行動も注目される

スーパー 店舗 外

地元のスーパーに来店される方はスーパーの店舗がある近郊にお住いの方が多くなるはずです。いつも来店される方は、そこで働いている従業員、特に売り場で作業をしている人を頻繁に見かけることになりますよね。いつも来店される方はそこで働く人の顔も自然と覚えるようになります。顔を覚えられることで店内で仕事をする場面以外でも注目されるようになります。

例えばこんな会話をしたり聞いたりしたことはないでしょうか。

「そこのスーパーの飲料のコーナーでよく作業をしている○○(名前)さんが向かいの弁当屋で弁当を買っていた。」、「銀行のATMにいた」、「コンビニで買い物をしていた」などなど。

地元の公共施設や店舗には、自分が勤務しているスーパーに買い物のために来店する方も来るはずです。

近所にある地元のスーパーで働くということは、住んでいる地元の地域内での行動も見られていないようで見られているということを頭に入れておきましょう。スーパーという多くの方が来店される場所で働くということは、不特定多数の方にそこで働く人の顔を覚えられるということになります。

参考記事:スーパーとコンビニの初バイト比較|どちらも良し悪しがある

 

最後に デメリットも十分押さえておこう

近所にある地元のスーパーで働くことは、通勤に時間がかからない、通勤時間が短いために仕事をする前に疲れにくいといったメリットがあります。しかし地元で働くことのデメリットも押さえておき、求人への応募を検討しましょう。

 

 

スポンサーリンク
スーパー品出しの仕事
スポンサーリンク

短期アルバイトや在宅ワークに関する求人情報サイトのご案内

1日だけの単発アルバイトや短時間アルバイト、在宅ワークに関する求人情報を主に掲載している求人情報サイトのご案内です。無料会員登録をすることで求人への応募が可能となります。  
単発バイトアプリ「シェアフル」1日単位の単発・スポットの仕事が見つかるアルバイト探しアプリです。 空いている日付を登録すると、その日にあったアルバイトを見つけることができます。 履歴書不要・面接なしでアプリで応募が可能です。
マッハバイトマッハバイトからアルバイト求人に応募し、採用が決まり初めて勤務をする日が決まった方に、マッハボーナス(お祝い金)がもらえるマッハバイト独自のサービスを行っています。 条件を満たしたうえで申請をすると、最低5千円、最高1万円のお祝い金をもらうことができます。
プチジョブこれから数時間後に働けるアルバイト情報が掲載されているバイトマッチングサービスです。 空いている時間を有効利用して少しでも働きたい、今日これから働きたい方向けのサービスです。
【ママワークス】在宅で働ける求人情報が多数掲載。 在宅ワーク・在宅勤務・内職に関する求人・アルバイト情報サイトです。 空いた時間に効率よく働きたい、スキルはあるが家庭の事情で働く時間や働く場所に制限がある主婦の方向けの求人サイトです。
ギガバイト大手求人サイトと連携しているため、求人情報数が多く全国のアルバイト求人情報を見ることができます。 単発アルバイトや短時間アルバイトの他に採用お祝い金が支給されるアルバイト情報の掲載もあります。

自分の市場価値を診断してもらえる転職アプリ「ミイダス」の紹介

転職アプリミイダスは、自分のプロフィールや職務経歴、実務経験、語学力、保有資格に関する質問に回答をすることで、「自分の現在の市場価値」を診断してもらうことができます。

無料会員登録をすると上記のデータに基づいて、自分を必要としている企業から求人オファーが届くサービスです。会員登録にあたり氏名・住所の入力は不要です。

公式サイト:ミイダス

また無料会員登録をすることで、自己理解を深めることができる2つの適性検査「パーソナリティ診断」と「コンピテンシー診断」を無料で受けることができます。

以下の記事は、私が実際に無料会員登録を行い2つの適性検査を受けた体験に関するものです。

参考記事 ミイダス|無料のパーソナリティ診断とコンピテンシー診断を体験

参考記事 ミイダスの現在の市場価値診断の流れを体験に基づいて紹介

実際に会員登録をして2つの適性検査を受けてみましたが、仕事探しを考えていて仕事の場面における自分の特性や仕事に関する自分の適性を知っておきたいといった情報収集段階の方に非常に役に立つツールだと感じました。ご興味にある方は一度参考にしてみてください。

公式サイト:ミイダス

 

スーパーで初めて品出しの仕事をする方向けにお役立ち情報を発信するブログ