スーパーの商品陳列|ボリューム感を演出するための方法

スーパーマーケットでは、季節に関係がなく年中売れる商品があるのに対し、よく売れる時期とあまり売れない時期が存在する商品もあります。お客さんの需要の少ない時期でも売り場を縮小することなく、在庫数を押さえながら一定の数量を陳列する商品も存在します。

それでもある程度の陳列量をあるように見せなければ、店内が閑散とした様子となり、来店したお客さんの買い物をしようという意欲が低下してしまいます。ボリューム感を出すためには前出しと呼ばれる作業を行うのが基本となります。さらに前出し作業の他、少ない陳列量でもある程度ボリューム感があるように見せる方法も存在します。

 

スポンサーリンク

ボリューム感を出すための事例

例えばアイスクリームの中でもカップに入ったかき氷(氷アイス)は、7月と8月の夏の間はよく売れますが、秋・冬・春にかけてはあまり売れません。それでもかき氷(氷アイス)の売上はまったくのゼロというわけではなく、ポツポツと売れます。しかし商品に関する鮮度の兼ね合いから、余分な在庫はなるべく持ちたくありません。

そこで在庫数を少なくしてボリューム感のある陳列を行うことになります。本当に数量を豊富に陳列するということではなく、ボリュームがあるように「見せる」方法をとっているのです。

かさ上げ 陳列 氷アイス

例えば氷アイスの場合、上の画像のように冷凍ケースの中に台を置き、かさ上げをしてボリューム感を出す方法をとっています。かさ上げをしてボリューム感を出すことにより、手をケースの奥まで伸ばさなくても自然と手に取りやすい位置に商品を配置できます。ボリューム感を出すことで来店したお客さんも買い物がしやすくなるのです。

 

お客さんに棚の奥(背板)が見えないように工夫をしている。

かさ上げ スーパー 台 空箱

買い物のためお客さんがエンドや定番商品を陳列するゴンドラの前に立った際、棚の奥(背板)や仕切り板の奥が見えてしまうと品薄感が目立ってしまいます。品薄感が目立つ売り場が増えると、ボリューム感がなく売り場が閑散としたイメージとなります。すると入荷したばかりの商品でもなんとなく鮮度が欠ける雰囲気につながります。本来は売り上げにつながっているのに、ボリューム感がないことによりお客さんに商品を手にとって頂けないという状態は避けたいところですよね。

それを防ぐため上の画像のように棚に台や空箱を設置し、その上や手前に商品を陳列することで、棚の奥(背板)や仕切り板の奥が見えにくくなるようにしています。台や空箱を設置することでボリューム感を演出し、お客さんが安心して買い物ができるような取り組みをしているのです。

立て掛ける 陳列 スーパー

また台や空箱を使ってかさ上げをしない時は商品を横に寝かせた状態とし、その手前に陳列する商品を寝かせた状態の商品に立て掛けることで少ない陳列量でもボリューム感があるように見せることが可能となります。(※お菓子類や日用雑貨など商品を横に寝かせることができる性質のものに限られます。)

 

 

スポンサーリンク
スーパー品出しの仕事
スポンサーリンク

短期アルバイトをお探しなら専門サイト「ショットワークス」

1日から働ける激短バイト!ショットワークス1日だけの単発バイト、面接なしで働けるバイト、明日1日だけの短期バイト、学生向けの短期バイトなど様々なニーズにお応えしたアルバイト求人情報を掲載している短期・単発アルバイト情報の専門サイトです。 短期アルバイト情報をお探しの方は一度参考になさってください。 会員登録をすると短期アルバイト求人への応募が可能となります。 まずは無料会員登録!1日から働ける激短バイト!ショットワークス
 
スーパーで初めて品出しの仕事をする方向けにお役立ち情報を発信するブログ