SKUとは商品の最小分類のこと|スーパーマーケット用語の意味

SKUとは、「Xチップス(※品名)」の「のり塩味」の「60g」というような、これ以上分けることのできない商品の最小分類のことをいいます。SKUのことを単品とも呼びます。

もう1つ例を挙げてみますと、「Yクッキーのバニラ味の20枚入り」といった具合です。同じYクッキーでも、バニラ味やココア味、抹茶味など異なる味の商品が販売されていたり、20枚入りや16枚入りなど内容量が異なるケースもありますよね。SKUとは分けられるところまで分けた商品の最小分類を指します。

ちなみにSKUの読み方は「エスケーユー」となります。STOCK・KEEPING・UNITの頭文字をとったものです。

 

SKU展開をするとは

鮮魚部門を例に挙げてみますと、1つの魚種を様々に加工し、複数の商品を作ることをSKU展開をするといいます。下の画像のようなイメージです。

仕入れをした魚をまるごと一匹のままバック販売や発泡スチロール箱に入れたままばら売りをするだけではなく、魚を加工して切り身にしたり刺身にして商品化をするということです。

SKU展開 魚

魚を加工することで、切り身をお買い得商品として販売し、刺身では利益が高い商品として販売するといったことが可能となります。仕入れをした商品を店舗バックヤードで加工して販売することで商品展開の幅が広がるということですね。例えばブリの切り身でも、1切・2切・3切をそれぞれパック販売することで3SKUの展開となります。

また1人暮らしをされている方や同居する家族の人数が少ない方には、少量商品に対するニーズがかなりあります。野菜を例に挙げますと、キャベツを1玉だけではなく、2分の1や4分の1にカットしたものも販売する、トマトをパックや袋詰めにすることにより、それぞれ量を変えて販売することもSKU展開をすることになります。

 

 

スポンサーリンク
スーパー品出しの仕事
スポンサーリンク

短期アルバイトをお探しなら専門サイト「ショットワークス」

1日から働ける激短バイト!ショットワークス1日だけの単発バイト、面接なしで働けるバイト、明日1日だけの短期バイト、学生向けの短期バイトなど様々なニーズにお応えしたアルバイト求人情報を掲載している短期・単発アルバイト情報の専門サイトです。 短期アルバイト情報をお探しの方は一度参考になさってください。 会員登録をすると短期アルバイト求人への応募が可能となります。 まずは無料会員登録!1日から働ける激短バイト!ショットワークス
 
スーパーで初めて品出しの仕事をする方向けにお役立ち情報を発信するブログ