職務経歴書に書くアピールポイントがない|自己PR発掘診断を使ってみる

職務経歴書 アピールポイントがない

転職活動に伴う職務経歴書や履歴書の自己PR文を考えるにあたり、自分のこれまでの経験や仕事を振り返ってみたものの、自分のアピールポイントや強みがなかなか思い浮かばず頭を悩ませることがあります。自己PR文で使えそうなエピソードや良い文言が出てこないことになりがちです。この場合、自分のアピールポイントや強みを客観的に分析してくれるWEB上のツールを利用してみるのも1つの方法です。

例えばリクナビネクストのグッドポイント診断の他、転職支援サイトdodaでは、キャリアタイプ診断エゴグラム適職診断など無料で利用できる診断ツールが複数用意されています。dodaの提供する診断ツールの1つに自己PR発掘診断があります。

doda 自己PR発掘

doda公式サイトより

 

質問に答えていくと自分のアピールポイントが分かる

自己PR発掘診断は、dodaからの16の質問に答えることで自分のアピールポイントが分かるというものです。

自己PR発掘診断は、dodaに会員登録をしなくても診断を受けて結果を見ることができる診断ツールです。

会員登録をすると、診断から導かれた自分のアピールポイントに関する自己PR文のサンプルを見ることができます。また自己PR文を作成するためのアシストツールを利用することができます。

実際に自己PR発掘診断を利用してみましたが、次の方におすすめできるツールだと感じました。

ー診断をおすすめしたい方ー
・自分のアピールポイントは何か思い浮かべてみたが出てこない方
・特別なスキルや実績がないので、自信をもってアピールポイントが書けない方
・客観的に自分のアピールポイントを知りたい方
・PR文のサンプルを叩き台にして自分の経験や実績を付け加えてアレンジしたい方

 

やみくもにPR文を考えて話を盛ったり自分に当てはまらないPR文を作ることで、企業での面接時にPR文に沿った人物像を演出しなければならず苦労することになります。自分のアピールポイントが分からない場合は、ツールに委ねて客観的な自分のアピールポイントを発見してもらうことも検討しましょう。

それでは自己PR発掘診断のやり方や利用の流れを紹介していきます。

公式サイト:doda

 

自己PR発掘診断のやり方

まずdodaにアクセスします。

公式サイト:doda

サイト内の診断・書類作成ツールのカテゴリーから「自己PR発掘診断」を選択します。

自己PR発掘診断

doda公式サイトより

 

自己PR発掘診断の画面に移動します。自分の経験職種と年齢を選択します。つづいて「スタート」を選択します。

自己PR発掘診断

doda公式サイトより

 

自分が仕事をするうえで当てはまるものを選択します。質問に対し5つの選択肢の中から当てはまるものを選びます。

自己PR発掘診断 質問

doda公式サイトより

 

質問は全部で16問あります。16問すべての質問が、5つの選択肢から当てはまるものを選んで回答する方式です。質問内容も自分が仕事をする際の行動や考えに関する質問です。

自己PR発掘診断 質問

doda公式サイトより

 

16個の質問に関する回答が終わったら転職を検討するにあたり自分の希望する職種を選択します。つづいて「次へ」を選択します。

自己PR発掘診断 流れ

doda公式サイトより

 

これで診断は終了です。私の場合は5分もかからず回答が終了しました。回答内容に基づき、自分のアピールポイントの数とアピールポイントが表示されます。

私の場合は、「状況把握力」「課題解決・提案力」「計画推進力」などアピールポイントが7個あると結果が出ました。ここまでは会員登録をしなくても利用をすることができます。「状況把握力」や「計画推進力」など自分のアピールポイントが分かったらそれに基づいて、自分で自己PR文を考えていくという利用方法でももちろん構いません。

自己PR発掘診断 結果

doda公式サイトより

公式サイト:doda

 

自己PR文の例の見方・アシストツールの使い方

会員登録をしていない方は会員登録をすることで、すでに会員登録をしている方はログインをすることで、診断結果として表示された自分のアピールポイントに関する自己PR例(自己PR文サンプル)を見ることができます。

また会員登録をすることで、オリジナルの自己PRを作成するためのアシストツールを利用することができるようになります。

PR例やアシストツールを閲覧・利用したい場合は、オレンジ色の「診断結果の続きを見る」のバナーを選択します。

自己PR発掘診断

doda公式サイトより

 

会員登録をしていない方は「会員登録(無料)」のバナーを選択して会員登録を済ませます。既に会員となっている方は「ログイン」を選択します。

自己PR発掘診断

doda公式サイトより

 

「+」を選択すると、表示されたアピールポイントについての自己PR例(自己PR文サンプル)が表示されます。職務経歴書や履歴書に記載する自己PR文を作る際の参考になります。

自己PR発掘診断 会員登録

doda公式サイトより

公式サイト:doda

 

アシストツールの利用の流れ

自己PR文を作成するためのアシストツールを使ってみます。「課題解決力」に関する自己PRを作成したい場合、「課題解決力」を選択します。

自己PR発掘診断 アシストツール

doda公式サイトより

 

オリジナルの自己PRを作成するために、自分のエピソードを入力していきます。先程「課題解決力」を選択しましたので、デフォルトで課題解決力に関する自己PRの例文がグレーの文字で表示されています。

4つの質問がありますので、質問に対する自分のエピソードを入力していきます。グレーですでに表示されている自己PRの例文にアレンジを加える形でも構いません。

自己PR発掘診断 アシストツール 入力

doda公式サイトより

 

エピソードの入力が完了したら「プレビューを確認する」を選択します。「この内容で作成しますか?」と確認を求められますので「はい」を選択します。「はい」を選択すると自分のエピソードに基づいた自己PR文が表示されます。

表示された自己PR文に加筆をしたり修正を加えることで自己PR文を完成させていく流れとなります。

参考記事実際に使ってみました!リクナビネクストのレジュメ機能で職務経歴書・履歴書の自動作成出力ができる

自己PR発掘診断 プレビュー

doda公式サイトより

自己PR発掘診断 

doda公式サイトより

 

ー転職決定までトータルでサポートするdodaの転職エージェントサービスー

転職成功の秘訣は【非公開求人】にあった!/DODAエージェントサービスは無料でご利用できます。

 

ー自己分析をさらに深めたい方へ 147職種から自分の適性職種が分かる!

ミイダスというサイトでは無料会員登録をすることで147職種から自分に適性のある職種と適性の低い職種を分析してくれるコンピテンシー診断を無料で実施しています。

ミイダスはコンピテンシー診断の結果と企業が求める条件が一致した場合、対象企業から面接確約オファーを受けられる転職サイトです。

コンピテンシー診断 結果

上の画像は実際に診断を受けた際の結果を印刷したものです。

162問の質問に答えることで「オフィスワーク」や「保守点検」「製造スタッフ」「倉庫管理」「経理」など具体的な職種を示して自分に適性のある職種と適性の低い職種を予測してもらえる診断です。

今回の自己PR発掘診断に加えてさらに自己分析を深めたい方・自分の適性職種を知りたい方はご活用ください。

公式サイト:ミイダス

関連記事ミイダス|無料のパーソナリティ診断とコンピテンシー診断を体験しました。

 

 

スーパー品出しの仕事

自分の市場価値を診断してもらえる転職アプリ「ミイダス」の紹介

転職アプリミイダスは、自分のプロフィールや職務経歴、実務経験、語学力、保有資格に関する質問に回答をすることで、「自分の現在の市場価値」を診断してもらうことができます。

無料会員登録をすると上記のデータに基づいて、自分を必要としている企業から求人オファーが届くサービスです。会員登録にあたり氏名・住所の入力は不要です。

公式サイト:ミイダス

公式サイトまた無料会員登録をすることで、自己理解を深めることができる2つの適性検査「パーソナリティ診断」と「コンピテンシー診断」を無料で受けることができます。

以下の記事は、私が実際に無料会員登録を行い2つの適性検査を受けた体験に関するものです。

参考記事 ミイダス|無料のパーソナリティ診断とコンピテンシー診断を体験

参考記事 ミイダスの現在の市場価値診断の流れを体験に基づいて紹介

実際に会員登録をして2つの適性検査を受けてみましたが、仕事探しを考えていて仕事の場面における自分の特性や仕事に関する自分の適性を知っておきたいといった情報収集段階の方に非常に役に立つツールだと感じました。ご興味にある方は一度参考にしてみてください。

公式サイト:ミイダス

 

スーパーで初めて品出しの仕事をする方向けにお役立ち情報を発信するブログ