カート陳列とは|撤去が簡単で重量・大型商品の陳列に合う

カート陳列とは、キャスターの付いたカートに商品を陳列していく方法です。陳列用カートの他、運搬用カートを使用して陳列するケースも多いです。

下の手書き風画像は運搬用カートを使用して陳列をしたイメージです。

カート陳列 イメージ画像

お米やケース販売する飲料・カップ麺など重量や大きさのある商品をそのままカートに積んで陳列します。また入荷してきた状態のケース(ダンボール)の下部に直線にカッターを入れてカットしたうえで、カートに積んで陳列することも多いです。

商品をカートに積む作業やダンボールをカットする作業はバックヤード内で行い、準備が整ったらバックヤードから売り場へカートを移動させます。

カートは通路上に設置します。重量や大きさのある商品が多いため、レジ付近の通路に設置をすることが多いです。

陳列した商品が売れて少なくなった場合は、カートを引っ張って一旦バックヤードに戻ります。バックヤード内で再度商品をカートに積んだり、ダンボールをカットしたりして準備が整ったらカートを引っ張って売り場へ戻ります。そして再度カートを通路に設置する形となります。

カートを設置する際、カートが勝手に動かないようキャスターにストッパーを掛ける必要があります。

カート陳列のメリットは、重量のある商品や大きさのある商品を陳列しやすい点とキャスターがあるため撤去が簡単な点です。

ー運搬用カートの例ー

 

陳列用のカートは下の画像のようなイメージです。陳列するエリアが上段・中段・下段と3~4箇所あるタイプのものです。いわゆるキャスター付きのラックです。

陳列用カート

4~6台程設置することで大きめの売場とすることが可能です。

私の勤務する店舗では、陳列用カートを5台~6台使用してクリスマスやバレンタインなどのイベント関連の商品を陳列しています。

 

 

スーパー品出しの仕事

自分の市場価値を診断してもらえる転職アプリ「ミイダス」の紹介

転職アプリミイダスは、自分のプロフィールや職務経歴、実務経験、語学力、保有資格に関する質問に回答をすることで、「自分の現在の市場価値」を診断してもらうことができます。

無料会員登録をすると上記のデータに基づいて、自分を必要としている企業から求人オファーが届くサービスです。会員登録にあたり氏名・住所の入力は不要です。

公式サイト:ミイダス

また無料会員登録をすることで、自己理解を深めることができる2つの適性検査「パーソナリティ診断」と「コンピテンシー診断」を無料で受けることができます。

以下の記事は、私が実際に無料会員登録を行い2つの適性検査を受けた体験に関するものです。

参考記事 ミイダス|無料のパーソナリティ診断とコンピテンシー診断を体験

参考記事 ミイダスの現在の市場価値診断の流れを体験に基づいて紹介

実際に会員登録をして2つの適性検査を受けてみましたが、仕事探しを考えていて仕事の場面における自分の特性や仕事に関する自分の適性を知っておきたいといった情報収集段階の方に非常に役に立つツールだと感じました。ご興味にある方は一度参考にしてみてください。

公式サイト:ミイダス

 

スーパーで初めて品出しの仕事をする方向けにお役立ち情報を発信するブログ