人時生産性と人時売上高の意味や求め方|スーパーの数字

人時生産性と人時売上高は労働の効率性が分かる数値です。数値が大きいほど従業員の労働効率が高いことを意味します。人時は「にんじ」と読みます。

 

人時生産性とは

人時生産性とは、ある一定期間内での労働時間1時間あたりに稼ぐ粗利益高のことです。

粗利益高とは、売上高から売上原価を差し引いた数字です。店舗の営業を行った結果得られた儲け幅のことです。粗利益高については、次の記事でより詳しく解説しております。

参考記事:値入高・粗利益高・売上高の意味や違い|スーパーの数字

 

人時生産性は次の計算式で求めます。

人時生産性=粗利益高 ÷ 総労働時間

 

例えば、あるスーパーマーケットの日配部門での1か月の売上高が1800万円で総労働時間が540時間、粗利益率が30%の場合、粗利益高は「売上高1800万円 × 粗利益率30%」で540万円となります。これにより人時生産性は1万円となります。

粗利益高540万円 ÷ 総労働時間540時間=人時生産性1万円

 

なお、補足ですが、スーパーマーケットの中でも日配部門は人時生産性が高い部門と言われています。

 

人時売上高とは

人時生産性に似た言葉として人時売上高があります。人時売上高とは、ある一定期間内での労働時間1時間あたりに稼ぐ売上高のことです。

売上高については次の記事でより詳しく解説しております。

参考記事:売上高を構成するもの要素|計算式を交えて紹介

 

人時売上高は次の計算式で求めます。

人時売上高=売上高 ÷ 総労働時間

 

総労働時間とは

人時生産性と人時売上高の計算式に出てくる「総労働時間」とは、社員の方やパートの方、アルバイトの方といった店舗の労働者全員の総労働時間を言います。例えば日配部門の数値を出したい場合は、日配部門の労働者全員の総労働時間を算出して求める形となります。

 

 

スーパー品出しの仕事

自分の市場価値を診断してもらえる転職アプリ「ミイダス」の紹介

転職アプリミイダスは、自分のプロフィールや職務経歴、実務経験、語学力、保有資格に関する質問に回答をすることで、「自分の現在の市場価値」を診断してもらうことができます。

無料会員登録をすると上記のデータに基づいて、自分を必要としている企業から求人オファーが届くサービスです。会員登録にあたり氏名・住所の入力は不要です。

公式サイト:ミイダス

また無料会員登録をすることで、自己理解を深めることができる2つの適性検査「パーソナリティ診断」と「コンピテンシー診断」を無料で受けることができます。

以下の記事は、私が実際に無料会員登録を行い2つの適性検査を受けた体験に関するものです。

参考記事 ミイダス|無料のパーソナリティ診断とコンピテンシー診断を体験

参考記事 ミイダスの現在の市場価値診断の流れを体験に基づいて紹介

実際に会員登録をして2つの適性検査を受けてみましたが、仕事探しを考えていて仕事の場面における自分の特性や仕事に関する自分の適性を知っておきたいといった情報収集段階の方に非常に役に立つツールだと感じました。ご興味にある方は一度参考にしてみてください。

公式サイト:ミイダス

 

スーパーで初めて品出しの仕事をする方向けにお役立ち情報を発信するブログ